女性

ノロウイルスの対策をすれば体内への侵入を防げる

感染の基礎知識

ウィルス

検査と予防

冬に感染被害が増加するノロウイルスですが、下痢や腹痛、嘔吐といった食中毒にも似た症状を発症します。なので、症状だけではノロウイルスに感染しているのかどうか素人では判断がつきかねるのが現実です。それゆえに医療機関で検査を依頼したいところですが、基本的に検査内容としては患者の吐しゃ物や排泄物を用いる必要があり、電子顕微鏡や酵素を利用したスクリーニング検査などの方法があります。これらの方法は保険適応外な上、ノロウイルスは画期的な治療法も確立されていないため、一般外来などで検査を実施することは稀です。しかしながら集団感染が疑われたり職場管理などの問題から、ノロウイルスが原因と認定する必要がある場合は検査が実施されます。そんなノロウイルスですが、基本的には感染した場合、その対策として薬などはないために、脱水症状を防ぐべく安静にして水分補給をすることがメインとなります。それゆえに感染してしまうと厄介であるため、あらかじめ感染しないように予防対策を実施することが大切です。ちなみに対策として効果的なのは、やはり手洗いが重要視されています。ウイルスゆえに手で触れて感染するリスクが高いので、正しい手洗いは対策として大変効果的です。他にも食品および調理器具などを消毒して清潔にする衛生管理も大切です。また、二次感染を防ぐという意味でも感染者の排泄物や吐しゃ物の処理には、決して素手で触れないなどの充分な注意をした上で実行する必要があります。