女性

ノロウイルスの対策をすれば体内への侵入を防げる

感染力がとても強い

マスクと体温計

手洗いが基本

ノロウイルスは、冬に流行る怖い菌というイメージがあるかもしれませんが、その正体は胃腸炎を引き起こすウイルスです。感染力が非常に強く、少しでもウイルスがあるとあっという間に広がってしまいます。1人感染すると家族全員がうつってしまう事もザラです。ウイルスが体内に入ると、1〜2日後には激しい下痢や嘔吐が始まります。熱はあまり出ないのが特徴です。健康な成人であれば、1〜2日たてば少しずつ回復していきます。しかし子供や高齢者は脱水になりやすく、入院が必要になることもあります。ノロウイルスに感染しないための対策としては、まずしっかり手洗いをすることです。手洗いはノロウイルスだけではなく、すべての感染を防ぐ基本ですから、正しい手洗いの仕方をマスターしておきましょう。指先や親指の周り、手首などは汚れが残りやすいので念入りに洗って下さい。料理をする場合、食べ物をしっかり加熱するのも有効な対策方法です。ノロウイルスの消毒としては、大きく次亜塩素酸・アルコール・熱湯消毒の3つがあります。場所や器具によって使用できるものが違いますので、よく確認しましょう。もしノロウイルスにかかってしまった場合、二次感染を防ぐ対策が重要です。感染者の下痢や嘔吐は早めに処理しましょう。必ず使い捨て手袋やマスクを着用し、最後は袋に密閉して捨てて下さい。ノロウイルスそのものの対策ではありませんが、普段から免疫力を下げない生活をすることも大切です。食事と睡眠はしっかりとって、もしウイルスにかかっても早めに回復できる体を作っておきましょう。